妊娠中にを手作り

私が第一子となる長女を妊娠していた時、仕事を退職していて専業主婦だったのでずっと家にいて結構時間がありました。
それまで6年ほど忙しく働いていたので、毎日家にいる日々はかなり時間を持て余し、初めての妊娠で出産のことや産後の子育てのことなど調べるうちに「産後のお宮参りで着せるセレモニードレスを手作りしよう!」と思いたったんです。
赤ちゃんは生まれて1ヶ月ほどでお宮参りをするのですが、その時にセレモニードレスと言われる白くてレースのついたようなベビー服を着せることが一般的らしく、よく売っていたのですが、これを手作りしたらいい記念になるに違いない!と思ったんです。
元々洋裁に凝っていた時期があり、自分の服などを作ったことがあったので、ベビー服なんて生地も少なくて縫うところも少ないんだから簡単かな、と思って始めましたが、約15年ぶりの洋裁で、生地が少ない分裁断やミシンをかけるのも大変でしたが、レースのついたかわいいベビー服ができてお宮参りに着せていくことができ、いい記念になりました。

バーゲンで悩むベビー服のサイズ選び

ベビー服のサイズ選びにはとても悩みます。
なぜかというと、2歳くらいまではシーズンごとに着る服のサイズが変わるためです。
たとえば、生後6か月の赤ちゃんのベビー服のサイズはだいたい70cmサイズではないでしょうか。
その赤ちゃん用にバーゲンを狙って来年用の服を買うとします。
来年は1歳6か月です。
さて、80サイズがいいのか?それとも90サイズがいいのか?本当に迷います。
1歳であれば80サイズが丁度よいサイズになるのですが、1歳6か月というのは本当に微妙なのです。
80サイズだとサイズアウトの可能性もありますし、90サイズだと袖や丈が長すぎたり、首回りがブカブカだったりします。
ベビー服のブランドやメーカーによっては同じサイズであっても小さ目に作ってあったり、逆に大き目だったりするのです。
仮に、90サイズを購入して着せてみたら大きかったとすると、その翌年のシーズンでは2歳6か月になるので90サイズだと小さくて着られない可能性があります。
となるとせっかくお安く手に入れたベビー服が無駄になりかねません。
1シーズンしか着られないベビー服をバーゲンで購入する場合のサイズ選びは、本当に難しいものです。