ウィッグは蒸れずにヘアチェンジ

夏に帽子をかぶったほうがいいでしょうか、かぶらないほうがいいでしょうか。外を出歩くならかぶったほうがいいのでしょう。曇っていても紫外線が降り注いでいると言われます。髪の毛や頭皮に影響を与えないためにもかぶりましょう。ただし帽子は蒸れるのが欠点です。頭といいますと髪の毛があります。ただでさえ暑いです。帽子をかぶってしまったら頭の部分の風通しがなくなってしまいます。かつらを被ってヘアチェンジをしようとすることがありますが、夏にかぶって大変なことになりました。蒸れてしようがなかったのです。途中で外すわけにはいかず、耐えなければいけませんでした。ウィッグの場合は、地毛に取り付けるようにするものです。部分的に風通しに影響が出ることもありますが、全く風通しが悪くなるわけではありません。ですから蒸れずに過ごすことができるものなのです。


ウィッグは自然におしゃれが出来る

髪の毛が長い場合、ヘアスタイルはいろいろ選べます。ストレートのままでもいいですし、少しカールを巻いてもいいでしょう。まとめてもイメージを変えることができます。短い場合はどうしても髪型が固定化されてしまいます。短いままでウェーブをつけたりすると少しおかしくなってしまいます。毎日同じヘアスタイルで面白く無いと感じてしまうのです。その時にあるアイテムを使います。ウィッグを使うことで自然におしゃれが出来ます。ロングヘアの人がつけることもできますし、ショートヘアの人でもつけられます。ショートヘアの人はショートではできなかったアレンジを楽しむことができます。いつも同じだった髪型を少し変えられるだけでも楽しくなります。パーツをいくつも持っていればその分別の髪型にすることができます。同じタイプで色だけ変えたものを揃えたりもします。


ウィッグは地毛との境目を工夫して楽しむ

洋服を合わせるとき、その境目の部分ができることがあります。境目をそのまま残すこともありますが、それをうまく隠すことでおしゃれになることもあります。場合によっては境目が残っていると違和感が出ることがあります。別のものをかぶせることでうまくごまかすのです。髪の毛のおしゃれにおいてはウィッグを付けることがあります。地毛に別のものをつけるので、境目がはっきりすることがあります。ごまかす方法としては、前髪であればカチューシャを使います。大きめのものを使えばきれいに隠すことができます。完全に隠したいときなどは帽子を使うこともあります。帽子になると髪の毛の部分が隠れてしまって少し勿体無いかもしれません。色を合わせれば隠す必要はなくなりますが、色は変わることが多いです。隠し方を色々研究しておくと使い方も広げられます。

ロングヘアのウィッグは5万4千円よりご注文がいただけます。ストレート、カール仕様ともに同じ金額から注文がでます。 博多駅より徒歩10分。住吉神社の隣にあります福岡芸術センターの5階にあります。 髪の長さも質も色も選べるサービスで、自分にぴったりあうウイッグをオーダーメイドで作ることが出来ます。 お問い合わせはメールフォームで24時間受付しています。お電話でも可能です。 ネットで注文出来るオーダーメイドウィッグ